べにばな薬局のブログ

2022年5月

おしっこの悩みいろいろ  膀胱炎かな?

2022年5月3日 火曜日

「2,3日前から急におしっこが間近くなって、下腹部に不快感があるの、膀胱炎かしら?」

「そう言えば、症状が出始める前にトイレに行くのを忘れるくらい忙しかった。いざトイレに行くとスムーズに出ないし、量も思ったほど出ていない。下腹が張った感じがして終わる頃にきゅっと痛みがある。」50代女性

~それは、お辛いですね。

忙しいとついトイレを我慢しがち。スムーズに出なかったり痛みがあるとますます憂うつですね。

実は、おしっこの悩みは疲れやストレスとも関係があるのです。

この方の場合、忙しさがストレスになって氣の流れが滞ったのです。氣の流れが滞ると血や水の流れも滞ってきます。

氣の流れを良くして、水の滞りも取る漢方薬が必要です。

おしっこの悩みは女性には多いご相談の一つです。

以下いくつかご紹介します。

Bさん

「長時間運転して疲れていた。車を降りたところでご近所の方と長く立ち話。その後腰も痛くなって、その夜はおしっこに何回も起きた。出方も勢いがないし、終わったかと思うとポタポタっと。残っているのかな?痛みはないけど冷えている感じがある。」60代女性

~疲れと冷えから来る症状です。腎は尿をつくるところ、膀胱は尿を溜めるところ。腎を温める漢方薬の出番です。

Cさん

「2,3日前からおしっこが近くなって困っている。度々行くのに結構な量が出る。痛みや残尿感はないけれど、下腹が重くて腰も重だるい。そう言えば、その頃から夜中のおしっこの回数が増えている。」70代女性

~腎臓で血液から不要な分を濾過して尿として排泄されますが、夜間は腎臓を通過する血液量を調整しています。そこの調節がうまくいかないと結果的に夜間のおしっこの回数が増えてしまいます。温めて腎の機能を回復しましょう。

Dさん

「急におしっこに行きたくなって、出るときに少し熱い感じがして渋ったような痛みがある。残った感じはない。糸状の血が見えたので驚いた。

以前もこんなことがあって、疲れや精神的にいろいろあった時かなと思う。水分はよく摂っている。」40代女性

~水の停滞あるところに、炎症が生じたものです。

水の流れをスムーズにして、炎症や出血を抑える漢方薬が必要です。

膀胱炎(淋症)について

(膀胱炎は漢方の世界では淋症といいます。淋は滴り落ちるという意味です。)

膀胱炎には単純性膀胱炎、複雑性膀胱炎、間質性膀胱炎がありますが、ここでは薬局でご相談が多い単純性膀胱炎について書きます。

膀胱炎とは

○膀胱は腎臓で作られた尿を一時的の貯めておく場所が、細菌感染などによって炎症を起こしている状態です。

○女性に多くみられます。

○ほとんどの場合細菌が尿道から逆流し、膀胱で繁殖して発症します。

 ・大腸菌が原因のことが多く、細菌の量が多いと罹りやすい

 ・疲労やストレスで免疫力が落ちていると罹りやすい

 ・特に女性は尿道が短く細菌が膀胱に入りやすい

○尿の流れがスムーズでないと罹りやすい

 ・男性では前立腺肥大や包茎

 ・ガン、尿路結石など

○性行為でも罹ることがあります。

「排尿時や排尿終わり頃、下腹部が痛い」~排尿痛

「残った感じがする」~残尿感

「トイレの回数が急に増えた」~頻尿

「おしっこに血が混じる」~血尿

こんな症状でお困りでしたら、膀胱炎かもしれません。

膀胱炎のご相談をよく受けますが、排尿痛や残尿感などがない場合も多々あります。

検査をしても細菌はほとんどいないと言われる、抗生物質で治まっても繰り返すことが多いようです。

漢方はお困りの症状がどうして起こるのかということから考えます。

例えば、あなたの体の方に原因があるのか?それとも外からの原因によるものなのか?など、

ご一緒に考えて、あなたにピッタリの漢方薬を提案しています。

タイプに合わせた漢方薬で

あなたの「おしっこの悩み」解決します。

おしっこの悩みご相談は、べにばな薬局へ

唐津市南富士見町6-23

0955-70-1881

LINE

#佐賀 #唐津 #伊万里 #福岡 #糸島

#膀胱炎 #おしっこ #頻尿 #残尿感

#排尿痛 #血尿

ページの先頭へ戻る